明智光秀

密書の原本発見 本能寺の変直後、反信長派へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
明智光秀の書状=美濃加茂市民ミュージアム提供
明智光秀の書状=美濃加茂市民ミュージアム提供

 本能寺の変で織田信長を討った重臣の明智光秀が、反信長勢力とともに室町幕府再興を目指していたことを示す手紙の原本が見つかったと、藤田達生(たつお)・三重大教授(中近世史)が発表した。変の直後、現在の和歌山市を拠点とする紀伊雑賀(さいか)衆で反信長派のリーダー格の土豪、土橋重治(つちはし・しげはる)に宛てた書状で、信長に追放された十五代将軍・足利義昭と光秀が通じているとの内容の密書としている。【松本宣良】

 藤田教授によると、書状は岐阜県の美濃加茂市民ミュージアムの所蔵。和歌山県内で伝えられ京都府の古書店に渡ったものを美濃加茂市の篤志家が入手して寄贈したという。

この記事は有料記事です。

残り1420文字(全文1702文字)

あわせて読みたい

注目の特集