メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

秀山祭九月大歌舞伎 見応えのある10回目=評・小玉祥子

 見応えのある10回目の秀山祭。

 主軸となる吉右衛門の主演は、昼が最後の「幡随長兵衛(ばんずいちょうべえ)」。吉右衛門の長兵衛が「村山座」で白柄組の旗本を抑える胆力を示し、「長兵衛内」で頭領としての大きさ、「水野邸」では悲愴(ひそう)美を見せる。魁春のお時が夫を気遣う切なさを出し、染五郎の水野が怜悧(れいり)、又五郎が公平と出尻を演じ分けた。

 同じく夜が序幕の「逆櫓(さかろ)」。松右衛門には船頭らしい闊達(かったつ)さがあり、「頭が高い」で…

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文640文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  3. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです