メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

秀山祭九月大歌舞伎 見応えのある10回目=評・小玉祥子

 見応えのある10回目の秀山祭。

 主軸となる吉右衛門の主演は、昼が最後の「幡随長兵衛(ばんずいちょうべえ)」。吉右衛門の長兵衛が「村山座」で白柄組の旗本を抑える胆力を示し、「長兵衛内」で頭領としての大きさ、「水野邸」では悲愴(ひそう)美を見せる。魁春のお時が夫を気遣う切なさを出し、染五郎の水野が怜悧(れいり)、又五郎が公平と出尻を演じ分けた。

 同じく夜が序幕の「逆櫓(さかろ)」。松右衛門には船頭らしい闊達(かったつ)さがあり、「頭が高い」で…

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文640文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘
  2. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  3. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  4. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  5. 日朝合弁10社 不正送金か 金融庁、全銀行に報告命令

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]