メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旅の空から・たてがみなびかせ

嵐の中、動物と生きる=芦谷有香

 テキサス州の「ハービー」、フロリダ州の「イルマ」と、大型ハリケーンが北米を連続して襲った。被害の甚大さは英国でも連日報道されたが、心温まる物語も伝わってきた。動物の保護である。

 ハービーの後、ある夫妻は洪水で流されてきた淡水魚をわざわざゴルフ場の池へ連れ戻した。別の若い女性は傷ついたコウモリの子供たちを、増水した川から網ですくって助け出した。4本の足がすっぽり隠れてしまうほど浸水した地域からは、レスキュー隊が立ち往生していた馬を救助した。飼い主とはぐれた約40匹の猫と約60匹の犬たちは、被害のあったヒューストンから車で14時間もかかるアトランタまで、彼らの新しい飼い主を見つけるために…

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文742文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 特集ワイド 児玉龍彦東大名誉教授 日本の対策「失敗」 第2波へ検査拡充せよ コロナの実態把握訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです