メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スケッチ

不確かでも追い続ける「戦争」

インスタレーション「リコレクション-ベニヤの魚雷」について語る笹川治子=清水有香撮影

 天井のロープにつられ、巨大な一匹の「魚」がホワイトキューブを頼りなさげに泳ぐ。全長約4.6メートルのそれは太平洋戦争末期、兵士を乗せて出撃するために製造された人間魚雷を模したものだ。薄い板で覆われ、緑色の塗装は所々はげている。制作した茨城県在住の美術家、笹川治子(33)は「ベニヤ板でできた人間魚雷があった」という元特攻隊員の祖父(89)のおぼろげな記憶を基にしたと説明する。大阪市西区のヨシミアーツで立体や写真によるインスタレーションを展開している。

 6歳から祖父母と一緒に大阪で暮らしていた笹川は、戦争体験をよく聞かされていたといい、アニメやゲーム…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 小学校で800キロのひさし落下、けが人なし 大阪・松原
  5. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです