メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トンネル餅

愛され続けて1世紀 小沢駅開業時に誕生 共和の末次商店「少しでも長く」 /北海道

100年以上前から作り続けられているトンネル餅と末次セツ子さん=共和町小沢で

 共和町小沢(こざわ)で、国鉄の前身である北海道鉄道の路線(現JR函館線)開通をきっかけに考案された「トンネル餅」が、誕生から1世紀を超える今も愛され続けている。添加物を使わず賞味期限は当日限りで、訪れた人だけが味わえる素朴な和菓子。店を取り巻く環境は大きく変わったが、関係者は「お客さんのため、少しでも長く作り続けたい」と意気込む。【田所柳子】

 白く柔らかい餅は、表面に線路をイメージした淡いピンクと緑の線が入る。1904年、旧小沢村に鉄道の稲穂トンネルが開通し小沢駅が開業したことを受け、地元の和菓子職人、西村久太郎氏が考案した。太平洋戦争などで製造を一時停止したが、50年ごろに元国鉄職員の末次賢逸氏が復活させた。

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文755文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. コロナ患者また抜け出し 大阪の療養ホテルから 府が警備員増員する直前

  3. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです