メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 3カ所、復興拠点に 2023年4月帰還開始目標 浪江町方針 /福島

 浪江町は12日、東京電力福島第1原発事故による帰還困難区域の中に再び人が住めるように、「特定復興再生拠点区域」(復興拠点)を3カ所設ける方針を明らかにした。町域の8割を占める帰還困難区域(1万8000ヘクタール)のうち、拠点面積は3%程度になる。除染のほかインフラや施設、周辺道路の整備を進め、2023年4月の拠点への帰還開始を目指す。【尾崎修二】

 町は復興拠点を「帰還困難区域の再生の先駆けの地として整備する」としており、議会や町民の意見をふまえて案を修正し、来月にも国に申請する。

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文797文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  2. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  3. JRA栗東トレセンで厩舎3棟燃え、競走馬4頭死ぬ 3人病院搬送 滋賀

  4. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです