メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

命のビザ

「家族が自由得た場所」 ユダヤ人難民の子ら、敦賀来訪 /福井

ユダヤ人難民の足跡などを紹介する展示物を見学するデイビッド・マンスキーさん(左)と妻シーラさん=福井県敦賀市金ケ崎町の人道の港敦賀ムゼウムで、近藤諭撮影

 第二次世界大戦中、故杉原千畝・駐リトアニア領事代理から“命のビザ”を発給され、ナチスの迫害から逃れて敦賀に上陸したユダヤ人難民の家族が11日、難民の足跡などを伝える資料館「人道の港敦賀ムゼウム」(敦賀市金ケ崎町)を見学した。

 訪れたのは、ポーランド東部(現ベラルーシ)リダ出身のサウル・マンスキーさん(故人)の…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文391文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水がなくてもポリ袋で簡単調理

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです