メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古文書

「来嶋落城」記す史料は初 「本能寺」後の情勢、注目の展示 今治・村上水軍博物館、来月10日まで /愛媛

1583年の「真木島昭光書状」末尾3行。最初の行末から次行にかけ「来嶋落城之段」とある=林原美術館蔵、村上水軍博物館提供

 「来嶋(くるしま)(来島)落城」を伝える1通の古文書の展示が今治市村上水軍博物館(宮窪町宮窪)で始まった。織田信長が死去した「本能寺の変」翌年の天正11(1583)年3月の日付。博物館によると、村上水軍の主要家系の一つ「来島村上家」が本拠地とした来島城(今治市来島)が攻め落とされたことを「落城」という生々しい表現で記した史料は初の発見だ。「本能寺」以降の複雑な政治情勢の真相に迫る文書として注目されている。【松倉展人】

 林原美術館(岡山市)が所蔵し、2014年になって発見が明らかになった「石谷(いしがい)家文書」の1…

この記事は有料記事です。

残り802文字(全文1063文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  5. 後絶たぬ高齢ドライバーの事故 操作ミス原因が最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです