メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

「万能の天才」の素顔=中村秀明

 <sui-setsu>

 ある歴史的な芸術家にかかわる展覧会が今、国内3カ所で時期をほぼ同じくして開かれている。

 珍しい機会をもたらしたのは日本にもなじみの深いレオナルド・ダビンチである。東京・丸の内の三菱一号館美術館と横浜市のそごう美術館、広島市の広島県立美術館で開かれている。

 今では「万能の天才」が代名詞だが、フィレンツェにいた30歳までは有名な工房の腕きき職人にすぎなかった。大きな作品は20歳すぎに描いた「受胎告知(じゅたいこくち)」くらいで、仕事の手が遅いこともあって完成までこぎつけた作品が少なかったようだ。

 引っ越し先のミラノで宮廷に雇ってもらうために書いた10項目の自薦の文書が残っていて興味深い。

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文992文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです