メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

TICADの裏で ヨハネスブルク支局・小泉大士

 8月下旬にモザンビークで開かれた「アフリカ開発会議(TICAD)」の閣僚会合に、日本国際ボランティアセンター(JVC)の渡辺直子さんはビザが発給されず、参加できなかった。1993年から日本が主導してきたTICADの歴史で、日本の派遣団として登録されたNGOが入国拒否されたのは初めてという。

 背景には、日本がブラジル、モザンビーク政府と連携して行う政府開発援助(ODA)事業「プロサバンナ」がある。地元農民は、この農業開発に自分たちの…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文545文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ 大谷、再戦で成長の跡 対バーランダー
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  5. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]