メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

TICADの裏で ヨハネスブルク支局・小泉大士

 8月下旬にモザンビークで開かれた「アフリカ開発会議(TICAD)」の閣僚会合に、日本国際ボランティアセンター(JVC)の渡辺直子さんはビザが発給されず、参加できなかった。1993年から日本が主導してきたTICADの歴史で、日本の派遣団として登録されたNGOが入国拒否されたのは初めてという。

 背景には、日本がブラジル、モザンビーク政府と連携して行う政府開発援助(ODA)事業「プロサバンナ」がある。地元農民は、この農業開発に自分たちの…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文545文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです