メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

高校生農業アクション大賞 15グループに

 高校生たちの農業の取り組みを応援する第1回「全国高校生農業アクション大賞」で、15校のグループが選出されました。今年度から3カ年の活動に対し、支援金各20万円が贈られます。2019年度には活動の成果を基に「大賞」が選ばれます。

     全国91高校から115件の応募があり、審査会で選出しました。審査員は▽法政大特任教授、尾木直樹さん▽タレント、川瀬良子さん▽東京農大教授、上岡美保さん▽農林中金総研主事研究員、一瀬裕一郎さんら。

     選ばれた15グループは以下の通り。

     北海道士幌高・野菜専攻班▽宮城県農高・作物専攻プロジェクトチーム▽山形県立置賜農高・置農豆ガールズ▽栃木県立鹿沼南高・野菜研究班▽埼玉県立杉戸農高・杉農たまふわ▽神奈川県立中央農高・養豚部▽長野県下伊那農高・アグリ研究班畜産部▽静岡県立富岳館高・富岳特産物研究班▽愛知県立安城農林高・Annou Mission▽京都府立桂高・コーヒー豆の二次的利用に関する研究班▽大阪府立農芸高・資源動物科酪農専攻▽広島県立世羅高・世羅茶復活Team Green▽山口県立田布施農工高・食品科学科☆米粉班▽熊本県立菊池農高・グリ研めぇめぇBros.▽鹿児島県立市来農芸高・ツバキプロジェクト

     主催 毎日新聞社、全国農業協同組合中央会/協賛 全国農業協同組合連合会/後援 農林水産省、文部科学省、全国農業高等学校長協会、東京農業大学

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 厚労省 飛び降りなど…インフルエンザの異常行動に注意 
    2. ORICON NEWS 戸田恵子、鶴ひろみさんしのぶ「とにかく悲しい」 “3日前”の約束「いつか守れたら」
    3. 読みトク!経済 サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 所得税控除、見直し必要?=回答・中島和哉
    4. 森友 籠池氏、勾留4カ月 保育園などの対応できず焦りも
    5. 森友 「破棄した」答弁の佐川長官 国税内部も批判

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]