メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遺伝子

「優性」「劣性」廃止 偏見払拭、用語を「顕性」「潜性」に 学会決定

 日本遺伝学会は、約1世紀にわたり遺伝学で使われてきた「優性」「劣性」という用語を、それぞれ「顕性(けんせい)」「潜性(せんせい)」に改めると決めた。遺伝子に優劣があるとの偏見や不安を払拭(ふっしょく)する狙いがある。同学会は一般向けに初の用語集を出版し、普及を図る。【阿部周一】

 遺伝学を生んだ「メンデルの法則」は20世紀初め、日本に紹介された。その頃、ある遺伝子の二つの型のうち、特徴が現れやすい遺伝子を意味する「dominant」に「優性」、現れにくい遺伝子を意味する「recessive」に「劣性」という訳語が当てられ、定着した。

 ヒトの場合、特徴が現れやすい、現れにくい遺伝子の例として▽血液型のA(B)型、O型▽つむじの右巻き…

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文960文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 東京地裁 榊原記念病院側に賠償命令 麻酔で2歳男児死亡
  4. 海洋汚染 微小プラスチック、国内の貝にも 沖縄や東京湾
  5. テニミュ 斎藤工や城田優、瀬戸康史…伝説の1stシーズン放送決定 WOWOWで8月から

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]