メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

アルカイダ系が台頭…北部、IS弱体化に乗じ

シリア北西部で勢力を伸ばすHTS

 【カイロ篠田航一】内戦が続くシリアの北部イドリブ県で、国際テロ組織アルカイダ系のイスラム過激派「ハヤト・タハリール・シャム」(HTS)が台頭している。イドリブ県はアサド政権に抵抗する反体制派の数少ない拠点の一つだが、7月には反体制派の有力組織「アフラル・シャム」が撤退。代わりにHTSが県都イドリブ市を制圧し、急速に存在感を高めている。

 中東の衛星テレビ局アルジャジーラなどによると、HTSはアルカイダから分離した「シリア征服戦線(旧ヌスラ戦線)」を前身とする組織で、他のグループも吸収する形で今年1月に結成された。トルコや湾岸諸国の支援を受けているとされる「アフラル・シャム」と以前は連携していた時期もあったが、今年7月に衝突し、民間人15人を含む92人が死亡。その後、7月下旬にはHTSがイドリブ県での支配を確立した。

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文685文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  5. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです