メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
シリア

アルカイダ系が台頭…北部、IS弱体化に乗じ

シリア北西部で勢力を伸ばすHTS

 【カイロ篠田航一】内戦が続くシリアの北部イドリブ県で、国際テロ組織アルカイダ系のイスラム過激派「ハヤト・タハリール・シャム」(HTS)が台頭している。イドリブ県はアサド政権に抵抗する反体制派の数少ない拠点の一つだが、7月には反体制派の有力組織「アフラル・シャム」が撤退。代わりにHTSが県都イドリブ市を制圧し、急速に存在感を高めている。

 中東の衛星テレビ局アルジャジーラなどによると、HTSはアルカイダから分離した「シリア征服戦線(旧ヌ…

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文685文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

  5. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです