函館市

私有林で700本誤伐採 賠償を検討

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 北海道函館市が同市恵山地区の私有林を市有林と誤り、樹木計700本を伐採し木材を搬出、販売していたことが12日分かった。道の森林調査簿の記載が間違っていたのが理由で、市は所有者に口頭で謝罪し具体的な賠償を検討している。

 同市によると、誤伐採が判明したのは同市高岱町にある約8000平方メートルと約4300平方メートルの私有林で、市内の男性2人がそれぞれ所有…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文445文字)

あわせて読みたい

ニュース特集