メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南三陸

絵描き漁師、笑顔を力に…避難所で似顔絵、評判に

子どもの似顔絵を描く阿部仁文さん(左)=宮城県登米市の柳津虚空蔵尊で2017年9月10日午後0時2分、中川友希撮影

 歯を見せて笑う女性、津波の被害を免れた浜の光景--。宮城県南三陸町の漁師、阿部仁文(ひろふみ)さん(39)は2011年夏から、被災地で生きる人たちの似顔絵や震災後の海辺の風景を描き続けている。家業を継ぐため、震災前に一度は芸術活動を諦めたが、今は「その人らしさがわかる似顔絵や、漁師ならではの視点で南三陸の景色を描きたい」という。【中川友希】

 「何のジュース、持ってるの」「歯、抜けてるんだね」。阿部さんが、ぽつり、ぽつりと子どもに話しかけ、…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  3. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  4. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  5. 「まるでUFO」米メーン州の川に巨大氷

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです