O157

総菜食べた子供が死亡 9人感染の系列店で購入

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 群馬、埼玉両県の総菜店で購入したポテトサラダなどを食べた客が病原性大腸菌O157に感染した問題で、前橋市の「でりしゃす六供(ろっく)店」で購入した食品を食べた人で新たに患者2人が判明し、うち子供1人が死亡したことが13日、分かった。一連の問題で死者が確認されたのは初めて。同店ではこれまで9人の感染者が明らかになっている。

 この問題は、フレッシュコーポレーション(群馬県太田市)が運営する埼玉県と群馬県の「でりしゃす」系列店でポテトサラダなどを購入して食べた人がO157に感染した。ポテトサラダを製造した群馬県高崎市の食品会社に保管されていた食品サンプルなどからO157は検出されておらず、感染経路は明らかになっていない。

この記事は有料記事です。

残り128文字(全文440文字)

あわせて読みたい

注目の特集