友ケ島

「ラピュタ」っぽいで人気呼び毎日運航

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ツタに覆われて朽ちた友ケ島の砲台跡=和歌山市加太で2015年7月15日
ツタに覆われて朽ちた友ケ島の砲台跡=和歌山市加太で2015年7月15日

 旧日本軍の砲台跡が残り、観光スポットとなっている和歌山市沖の無人島「友ケ島」について、管理する市はこれまで入島を認めていなかった火・水曜の試験オープンを今月から新たに始めた。島に渡る唯一の交通手段である民間定期船を11月末までの火・水曜にも1日4往復運航する。これで全ての曜日で島を訪れることができる。

 友ケ島は沖ノ島など4島の総称。れんが造りの砲台跡が計6カ所残り、外部から見学できる。近年は、アニメ映画「天空の城ラピュタ」に描かれる風景に似ているとして観光客の人気を集めている。

この記事は有料記事です。

残り175文字(全文417文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集