自民

来月にも憲法9条改正案 推進本部が議論再開

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党憲法改正推進本部の会合であいさつする保岡興治本部長(右から2人目)。左から二階俊博幹事長、高村正彦副総裁=東京都千代田区の同党本部で2017年9月12日午後3時4分、川田雅浩撮影
自民党憲法改正推進本部の会合であいさつする保岡興治本部長(右から2人目)。左から二階俊博幹事長、高村正彦副総裁=東京都千代田区の同党本部で2017年9月12日午後3時4分、川田雅浩撮影

 自民党憲法改正推進本部は12日、党本部で全議員対象の会合を開き、自衛隊の存在を明記する改正について議論した。保岡興治本部長は党内の意見集約に向け、憲法9条第1項(戦争放棄)と第2項(戦力不保持)を維持するという安倍晋三首相の考えに沿った条文案を次回提示する方針を示した。9条に関する次の会合は10月下旬の見通しだ。

 8月の内閣改造・自民党役員人事の後、推進本部が開かれるのは初めて。首相の提案には公明党など他党の協力を得る狙いがあり、出席議員からは「自衛隊の違憲性を払拭(ふっしょく)する意味がある」「国民投票を念頭に置いた現実的な対応だ」など賛成意見が相次いだ。

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文658文字)

あわせて読みたい

注目の特集