メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

医師6人辞職表明 病院側「町長が人事介入」

 福岡県鞍手町の地方独立行政法人「くらて病院」の内科医6人が来年3月末で辞職することを表明した。病院には「来年4月には診療に支障をきたす可能性が高く、近隣の病院、医院を紹介する」旨の張り紙が出され、深刻な事態となっている。

     病院側は、背景として、徳島真次町長が人事に介入するなど逸脱した権限行使があるとして、「職員一同」名で徳島町長に要望書、町議会に嘆願書を提出した。11日の議会一般質問の答弁で、病院側の指摘について、徳島町長はすべて否定した。

     同病院は17診療科、224床で、2013年度に町立から独法に移行した。8月に就任した河野(こうの)公俊理事長は「後任医師探しは難航しており、このままでは病院の存続も危ぶまれる」と話す。徳島町長は「患者に迷惑がかかるのが一番の問題で、設置者として地方独立行政法人法に基づき、病院に改善命令を出すことも考えている」としている。【武内靖広】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS “偏差値32”のロンブー淳が青学受験に挑戦 100日間「全力で勉強」
    2. 香取慎吾 スマステ最終回で感激 「信じられない! 夢かなっちゃった」
    3. 香取慎吾 スマステ最終回で「新しい地図」に言及 「皆さんと一緒に大きな地図を…」
    4. ORICON NEWS 『SmaSTATION!!』16年の歴史に幕 香取慎吾が感謝「ありがとう!」 東京タワーも粋な演出
    5. 崎陽軒 2種の限定弁当販売 きょう、あす /神奈川

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]