メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大隅さん財団創設 基礎科学研究を支援

「大隅基礎科学創成財団」を設立し、記者会見するノーベル医学生理学賞受賞者の大隅良典・東京工業大学栄誉教授=東京都千代田区で2017年9月12日、丸山博撮影

 昨年のノーベル医学生理学賞を受賞した大隅良典・東京工業大栄誉教授(72)は12日、東京都内で記者会見し、基礎科学研究を支援する一般財団法人「大隅基礎科学創成財団」を創設したと発表した。まず先見性や独創性のある生物学の研究に対し、来年春にも助成を始めるという。

     この財団は、大隅さんが「日本の科学の閉塞(へいそく)感を少しでも取り払いたい」と、2年ほど前から構想を温めていたもので、ノーベル賞と優れた科学研究に贈られるブレークスルー賞の賞金の一部から拠出した1億円を基に8月に発足。持続的な運営資金を得るため、今後、企業や個人から広く寄付金を募る。

     大隅さんは、「長年の大学予算の削減や公的研究費の『選択と集中』で、(大学間や研究者間の)格差が拡大した。挑戦的な研究が困難になり、若手の研究者の意欲も低下している」と指摘。大学の基礎研究者と企業との新たな連携や、科学の魅力を伝える普及活動にも取り組む考えを示した。【須田桃子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 漫才協会 「U字工事」が真打ちに昇進 異例の早さで
    2. 安倍首相 28日解散を表明 消費増税分の使途を変更
    3. 上野パンダ 名前はシャンシャン(香香)
    4. 表彰状 川で溺れた男児を救助 北九州市・田中さんに 看護師の妻の指示も奏功 田川地区消防本部 /福岡
    5. 希望の党 小池都知事、設立会見詳報(1)「日本に足りないのは希望」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]