メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊谷6人殺害

ペルー人被告は精神疾患 さいたま地裁鑑定

 埼玉県熊谷市で2015年9月に6人が殺害された事件で、強盗殺人罪などで起訴されたペルー国籍のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(32)について、さいたま地裁が行った精神鑑定で、精神疾患があるとの鑑定結果が出ていたことが12日、関係者への取材で分かった。被告の訴訟能力については「自分が裁判にかけられていることや弁護人がついているということを理解する能力が阻害されている」と結論づけられたという。

 一方で「治療すれば回復する可能性もある」と言及されているという。関係者によると、被告への治療は既に…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャングルジム5歳焼死 運営者ら6人書類送検 業務上過失致死傷容疑
  2. アマゾン 「買い切り」方式、出版業界に波紋 年内にも導入
  3. 韓国紙幣からコカイン検出 ピエール瀧容疑者の自宅で押収
  4. サクラを枯らす外来カミキリの被害拡大 128カ所に 埼玉
  5. ロック歌手、内田裕也さん死去 79歳 妻・樹木希林さん死去から半年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです