メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊谷6人殺害

ペルー人被告は精神疾患 さいたま地裁鑑定

 埼玉県熊谷市で2015年9月に6人が殺害された事件で、強盗殺人罪などで起訴されたペルー国籍のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(32)について、さいたま地裁が行った精神鑑定で、精神疾患があるとの鑑定結果が出ていたことが12日、関係者への取材で分かった。被告の訴訟能力については「自分が裁判にかけられていることや弁護人がついているということを理解する能力が阻害されている」と結論づけられたという。

 一方で「治療すれば回復する可能性もある」と言及されているという。関係者によると、被告への治療は既に…

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文881文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです