メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まとメシ

ステーキ&トラットリア カルネジーオ|大人の欲望を満たすカジュアル肉イタリアン(ステーキ/大手町)

情報提供:まとメシ

ステーキ&トラットリア カルネジーオ(最寄駅:大手町駅)

ハッとするほど美しいリブロースの紅色、しなやかでしっとりとやわらかい舌触り、赤身の上質な旨みと、醤油をアクセントにしたソースの絶妙なバランス。程良い重さの赤ワインと合わせれば、互いに引き立て合う最高のペアリングが完成するのだ。実はこちら、肉料理が自慢の飯田橋『トラットリア グランボッカ』や恵比寿『ビストロ カルネジーオ』など予約が取れない人気店の姉妹店。それぞれの店のエッセンスを取り入れた肉イタリアンをテーマに2016年5月にオープンした。メニューは約500gの肉塊を目の前でカットしてくれるステーキなど、どれも豪快。ワインはイタリアを中心に揃えている。

USリブロースローストビーフ 3200円

脂身を含めて約250g。和テイストのソースにはワサビを添える。脂身の部分は好みで炭火焼きにもしてくれる。昼はライス・サラダ付きでパンも食べ放題

ズワイガニとアボカドのタルタル仕立て 1680円

アボカドとミニトマトをタルタル風にし、ズワイガニをたっぷりトッピング。隠し味にタバスコを加え、ピリッと味のアクセントにしている

馬肉ロースのカルパッチョ ペコリーノロマーノチーズ添え 2000円

馬肉の肩ロースをオリーブオイルや塩などで仕上げたカルパッチョ。赤身独特の淡泊な旨みがコクのあるペコリーノロマーノチーズに合う。料理はどれもひと皿にボリュームがあるので、前菜など多くはスモールサイズにも対応してくれる

ドガヨーロ赤 ボトル5000円

ローストビーフの上品な味には、そこまで重さのないミディアムボディの赤ワインがおすすめ。写真はイタリア・トスカーナ産で、ほど良い酸味とふくよかさ、香りが赤身のしっとり感や旨みにマッチする。

ステーキ&トラットリア カルネジーオ

東京都千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティグランキューブ 1階 ☎03-6262-5325 [営]11時半~15時(14時半LO)、17時半~23時半(22時半LO)、土17時~23時(22時半LO) [休]日・祝 [席]カウンター8席、テーブル席30席、計38席/全席禁煙/予約可(昼は1人2500円以上注文時)/カード可/サなし、コペルト540円別 [交]地下鉄千代田線ほか大手町駅C1出口から徒歩1分

電話番号 03-6262-5325
2016年11月号発売時点の情報です。

関連記事

フェルミンチョ ボカ|カバとモダンタパスの陽気な関係 (スペイン料理/六本木一丁目)
餃子バル 餃子の花里|神保町唯一の絶妙な味を気軽に楽しむ(餃子/神保町)
TAKOYAKI DINING 8864|とろ熱のたこ焼きを冷たいワインで(ワインバー/新橋)
やきとん 埼玉屋|赤ワインのコクが新鮮なホルモンを引きたてる(ホルモン/東十条)
真不同 飲茶倶楽部|ワイングラス片手に本格的な点心に舌鼓(中華料理/恵比寿)


情報提供:まとメシ

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. そこが聞きたい 慰安婦問題 日韓合意1年 元アジア女性基金専務理事・和田春樹氏
  2. 詐欺 女子高生を逮捕 100万円だまし取った容疑
  3. 潜水艦不明 酸素欠乏の可能性 アルゼンチン「重大局面」
  4. WEB CARTOP 最近のタクシー車内で「無線の声」を聞かなくなった理由とは
  5. 大相撲 白鵬物言いを厳重注意 協会審判部

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]