メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

平松 洋子・評『幻の黒船カレーを追え』水野仁輔・著

「カレーの父」を追い求めて海を渡り翻弄される男の物語

◆『幻の黒船カレーを追え』水野仁輔・著(小学館/税別1500円)

 町のそば屋で初めてカレー南蛮に遭遇したときの衝撃は、何十年経(た)っても忘れられない。うどん、そばにもわざわざカレー、でもうまい。日本人のカレーへの愛着は、どこか執念めいてもいる。その理由のひとつを、私は「白米をおいしく食べられるから」と考えているのだが、いっぽう、カレーという存在に無限の可能性を見いだし、独自の文化に育んできたのも日本人である。

 著者もまたそのひとりだ。1974年生まれ、99年、出張料理集団「東京カリ~番長」を結成。カレーに関…

この記事は有料記事です。

残り1244文字(全文1527文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  3. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  4. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  5. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです