メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒラリー氏の髪の毛に懸賞金、FB投稿者が謝罪

 9月12日、元製薬会社幹部のマーティン・シュクレリ氏(34、写真)は、ヒラリー・クリントン氏の髪の毛を入手したフォロワーに5000ドル(約55万円)の懸賞金を支払うとした4日のフェイスブック投稿について謝罪した。写真は8月撮影(2017年 ロイター/Carlo Allegri)

 [12日 ロイター] - 元製薬会社幹部のマーティン・シュクレリ氏(34)は12日、ヒラリー・クリントン氏の髪の毛を入手したフォロワーに5000ドル(約55万円)の懸賞金を支払うとした4日のフェイスブック投稿について謝罪した。

     シュクレリ氏は、製薬会社チューリング・ファーマシューティカルズの最高経営責任者(CEO)時代にエイズ治療用の寄生虫感染症治療薬「ダラプリム」の値段を5000%吊り上げ、患者や法律関係者を激怒させたことで知られるほか、現在は別件の証券詐欺で判決待ちの状態。クリントン氏と大統領選を戦ったトランプ大統領の支持を公に表明している。

     検察は先週、この投稿について「脅迫と嫌がらせの増幅形態」といえるもので、証券詐欺での保釈措置の取り消しに値すると述べた。

     同氏は今回の投稿は「下手な冗談もしくは皮肉だった」と釈明。地裁判事に対する書簡で、新刊出版関連のツアーでクリントン氏の髪の毛を入手するよう促したがクリントン氏を脅かす意図はなかったと述べ、襲撃を呼びかけるものではないと速やかに追加の投稿をしたと説明した。

     書簡で同氏は「私は暴力的な人間ではなく、これまで暴力行為に関与したことはない。また意図的に他者にそうした行為を促したこともない」と述べた。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 生き残りの模索 金正恩体制5年/上 不屈の美女ビジネス 制裁の中、外貨稼ぎ
    2. 被害届「不起訴相当」 詩織さんと山口氏のコメント全文
    3. 美濃加茂高 「反省足りない」100mダッシュ100本超
    4. 花壇 花持ち去り相次ぐ ボランティアら落胆 栃木 
    5. 衆院選 民進北海道連 道内全小選挙区で野党共闘の方針

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]