メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マルセロがレアルとの契約を2年延長、正式発表へ…22年6月末まで

情報提供:サッカーキング

2007年からレアル・マドリードでプレーしているマルセロ [写真]=Getty Images
 レアル・マドリードに所属するブラジル代表DFマルセロが、同クラブとの契約を2022年6月末まで延長したようだ。スペイン紙『アス』が13日に報じている。

 同紙によると、マルセロは2020年までだった現行契約の期間をさらに2年延長。2022年6月末までの新契約を結んだようだ。レアル・マドリードは13日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節のアポエル戦を控えているが、試合翌日の14日に契約延長の正式発表が行われる予定となっている。

 マルセロは1988年生まれの29歳。2007年からレアル・マドリードに所属し、現在は第2キャプテンを務めている。加入後に獲得したチームタイトルは歴代2位タイの「17」に達し、公式戦通算試合出場数は「400」を突破。外国籍選手として、レアル・マドリード歴代単独2位となっている。

 クラブ史に残る活躍を続けるマルセロ。新契約満了時には34歳となるが、今後も不動の左サイドバックとして躍動する姿に期待がかかる。



【関連記事】
スペイン紙が最も足の速い選手10名を掲載…1位はあの選手
「CL優勝したことがない」ベスト11が豪華すぎると話題に
実はバロンドールを受賞したことがない10人の偉大な選手たち
イブラやピルロ、レヴァンドフスキも…サッカー史に残る「最高のフリー移籍」
不運過ぎる? ピッチ外のアクシデントで離脱を強いられた12名の選手たち

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. メキシコ地震 119人死亡 各地で建物崩壊
  2. 大阪府警 ミナミで半グレ調査 みかじめ料、暴対法抜け穴
  3. OKAMOCHI 使い捨て岡持ち 老舗洋食店が開発
  4. ダム日本酒 プロもうなるおいしさ 富山・黒部で蔵出し
  5. 九州北部豪雨 20万トン流木の処理難航 2次災害も懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]