メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ETCレーンでカードを差しているのにバーが開かないトラブルの原因6つ

情報提供:カートップ

夏場にカードを差しっぱなしで駐車すると変形することも

 高速道路・有料道路のETCレーンに進入したとき、もしもバーが開かなかったら……。全国では、ETCを搭載していない車両の誤進入が、約33%もあることが報告されているが、ETC機器が備わっていて、前回は問題なく通過できたのに、なぜかバーが開かなかった場合、何を疑ったらいいのだろう。

 一番可能性が高いのは、ETCカードの差し忘れと、差し込みが不完全だったというパターン。これが全体の約65%となっている。ETCカードがきちんと差し込まれていないときは、差し込み直せばいいだけなので、話は簡単(カードの前後、裏表などにも気を付ける!)。

 問題は、ETCカードは車載器に挿し込まれているのに、車載器が、ETCカードを認識していないケース。
考えられるのは

1) ETCカードのICチップ部分が汚れている⇒乾いた布で汚れを拭き取ってみる。

2)ETCカードが変形・破損・有効期限切れとなっている⇒カード発行会社に連絡・相談。

3) ETC車載機の読取接点部の汚れ⇒専用のカードタイプの接点クリーナーを使って接点部の汚れをクリーニングする。

4)車載器が一時的なフリーズ状態になった⇒エンジンを一度切って再始動。メーカーへ相談・点検。

5)ETCカードを料金所の直前直後で抜き挿しした⇒車載器がETCカードを認識するまでに若干の時間が必要。基本的に、ゲート通過直後はETCカードの抜き差しを行わない。

6)SAやPAなど途中で異なるETCカードに差し替えた⇒入口を通過したカードで、出口も通る。

 なお、真夏など、ETCカードを車載器に差し込んだままにしておくと、車内温度などの影響で、カードが変形・使用できなくなる場合があるので要注意。防犯上も、常時カードを入れっぱなしにしておくのは好ましくない。

 そして、万が一、開閉バーが開かなかったときは、ハザードランプを点滅させて、その場で係員の案内を待つこと。危険防止のためクルマをバックさせるのは厳禁だ。後続車が迫っていて、追突事故を防ぐために、停止せずにそのまま通過してしまった場合は、NEXCOなど、その高速道路を管理する会社に安全な場所に移動してから電話すること。放置すると不正通行になるのは言うまでもない。

 ちなみに、開閉バーが開かなかったために停止し、後続車両から追突された場合は、基本的に当事者同士の責任において対処することになっている。ETCレーンでは、開閉バーが開かずに前走車が急停車する可能性もあるので、車間距離には余裕をもって、規則通り20km/h以下で徐行して通行するのを忘れずに。


情報提供:カートップ

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 被害届「不起訴相当」 詩織さんと山口氏のコメント全文
  2. 高速バス 東北道であわや事故「運転手意識ない」119番
  3. 高校野球 広陵・中村 清宮に対抗心「むかつくというか、いいライバル」(スポニチ)
  4. 外国人売春強要 なぜなくならない? 伊香保温泉で相次ぐ
  5. 詩織さん被害届 準強姦容疑は「不起訴相当」 検察審査会

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]