メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国連安保理

ロヒンギャ問題でミャンマーに暴力停止要求

 【ニューヨーク國枝すみれ】ミャンマー西部で治安部隊の掃討作戦に伴い40万人近い少数派イスラム教徒ロヒンギャの難民が隣国バングラデシュに脱出している問題で、国連安全保障理事会は13日、非公開会合を開催し、治安当局が過剰な暴力をふるっているとの情報に懸念を示して、ミャンマー政府に対して暴力の即時停止と治安の回復や人道援助の実施を求めた。また、ロヒンギャの法的・社会的地位を改善する重要性を確認した。議長国エチオピアが発表した。

 グテレス国連事務総長も13日の記者会見で「ロヒンギャ人口の3分の1が国を捨てて逃げる状況を、他に何…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文594文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  4. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  5. 死因は窒息死 両足首がビニールひもで縛られる 池袋・ホテル女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです