メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラカタ

ドラマ「眩~北斎の娘~」制作統括・佐野元彦さん 温めた思い結実

佐野元彦さん=屋代尚則撮影

 「10年、いや15年は温めていたんです」。江戸期を生きた希代の浮世絵師、葛飾北斎を描くドラマを、どうしても作りたかったという。思いを結実させた「眩(くらら)~北斎の娘~」が18日午後7時半からNHK総合で放送される。朝井まかての小説が原作で、自身も絵師として父を支えた北斎の三女「お栄」(号は応為)が主人公。昨年、本を手に取り「天才の偉人伝ではなく、天才の後を追いかけた一人の女性の物語として共感してもらえる」と確信した。

 お栄は生粋の江戸っ子で、酒を飲みながら絵を描くなど、荒っぽい面が色濃い。制作統括を務めた大河ドラマ…

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文775文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです