メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラカタ

ドラマ「眩~北斎の娘~」制作統括・佐野元彦さん 温めた思い結実

佐野元彦さん=屋代尚則撮影

 「10年、いや15年は温めていたんです」。江戸期を生きた希代の浮世絵師、葛飾北斎を描くドラマを、どうしても作りたかったという。思いを結実させた「眩(くらら)~北斎の娘~」が18日午後7時半からNHK総合で放送される。朝井まかての小説が原作で、自身も絵師として父を支えた北斎の三女「お栄」(号は応為)が主人公。昨年、本を手に取り「天才の偉人伝ではなく、天才の後を追いかけた一人の女性の物語として共感してもらえる」と確信した。

 お栄は生粋の江戸っ子で、酒を飲みながら絵を描くなど、荒っぽい面が色濃い。制作統括を務めた大河ドラマ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです