メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 自主避難者 住宅支援、5市のみ 自治体議員の会調査 無償提供打ち切り後 /千葉

県内の自主避難者の居住実態について説明する佐倉市の大野博美市議(左から2人目)=県庁で

 東京電力福島第1原発事故に伴って国の避難区域外から避難した自主避難者に対する住宅支援で、県内では住宅無償提供が打ち切られた今年3月以降も独自に住宅支援を行っているのは5市にとどまることが分かった。避難者の支援に取り組む地方議員らでつくるグループが独自に調査を実施し、13日に県庁で記者会見して結果を明らかにした。

 調査を行ったのは「『避難の協同センター』をサポートする自治体議員の会」。県内54市町村を対象に8月…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文480文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  5. 滋賀・湖東病院事件、検察側が有罪立証断念 無罪確実に 新証拠は困難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです