メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もうひとつの動物園

守り・伝える/175 ライオン/37 /東京

 ライオンの群れの立て直しに取り組んでいた多摩動物公園に1994年2月、待望の雄ロッキーがやって来た。サマルが他園に移った4カ月後、群れの次世代を育む役割を、7歳10カ月のロッキーと、前年に来園した5歳10カ月の雌テリーに託した。

 2頭は相性が良く、スムーズに同居できたが、ロッキーは来園前にあった繁殖行動が見られなくなった。テリーにも発情の気配はない。飼育係員らがヤキモキするなか、94年4月、…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文497文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 留置されている男が感染 新型コロナ

  2. 二階氏、接触8割減「できるわけない」 首相発言で指摘 新型コロナ

  3. 和太鼓演奏グループ「DRUM TAO」メンバー感染 クラスター発生か

  4. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  5. 「さすがメルケル首相」新型コロナ対応で人気復活 世論調査満足度も64%

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです