連載

信州・歴史探訪

毎日新聞デジタルの「信州・歴史探訪」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

信州・歴史探訪

福島正則最期の地(高山村) 誇りと使命感持ち続け /長野

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
福島正則が北信濃を統治した様子を描いた掛け軸を見る高井寺の小野澤住職=高山村で
福島正則が北信濃を統治した様子を描いた掛け軸を見る高井寺の小野澤住職=高山村で

 のどかなリンゴ畑が広がる高山村。須坂市から村に入り、県道を東に進むと、右手に「福島正則屋敷跡」(県史跡)の案内が見える。細い道に入ると、屋敷を囲んでいた土塁が19メートルほど残っている。屋敷があった場所には今、高井(こうせい)寺(高山村高井)があり、福島の槍(やり)、肖像画など遺品を所蔵している。

 豊臣秀吉恩顧の武将で知られ、徳川家康の天下取りに力を貸した福島正則。広島藩主に取り立てられたが、改易となり、領地を没収された。晩年を過ごしたのは信州だった。

この記事は有料記事です。

残り1191文字(全文1420文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集