水草の駆除活動

湖岸の外来植物、学生ら1500人駆除 ボランティア協 /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
オオバナミズキンバイなどの外来水生植物を駆除する学生たち=大津市の琵琶湖岸で、森野俊撮影
オオバナミズキンバイなどの外来水生植物を駆除する学生たち=大津市の琵琶湖岸で、森野俊撮影

 琵琶湖の南湖全域で大繁殖している外来水生植物を減らそうと、NPO法人国際ボランティア学生協会が8~10日の3日間、大津市や草津市などの湖岸に生えた水草の駆除活動をした。学生ら延べ約1500人が参加し、オオバナミズキンバイやナガエツルノゲイトウなどを抜く作業に汗を流した。

 2014年から随時行っている取り組みで、今回は「活動地点の完全駆除」を目標に…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文439文字)

あわせて読みたい

注目の特集