メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

働く女性

厳しい現状 結婚、出産を機に退職→理由「両立難しい」が半数 愛媛銀行シンクタンク、県内調査 /愛媛

松山市であった仕事と家庭生活を部下が両立しやすいよう支援する上司「イクボス」を合同で宣言する式=松山市一番町1の国際ホテル松山で2016年11月2日、黒川優撮影

「男性の協力」「環境整備」必要

 仕事を続けたくても、育児などとの両立が難しい--。結婚や出産などを機に退職しようと考えている女性の約半数がこんな悩みを抱えていることが、愛媛銀行のシンクタンク「ひめぎん情報センター」(松山市)のアンケートで分かった。「女性活躍」の理想と現実のギャップが浮き彫りになった。【花澤葵】

 調査は今年8月上旬、県内で勤務する女性960人を対象に実施し、484人(50・4%)から回答を得た…

この記事は有料記事です。

残り701文字(全文907文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  5. シェアハウス 就労も手助け 母子世帯が共同生活

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです