メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

王岐山残留説の裏側=坂東賢治

 <moku-go>

 中国共産党の第19回党大会は10月中旬開催と決まった。習近平(しゅうきんぺい)体制2期目の新指導部の顔ぶれも固まりつつあるとみられるが、外部に漏れる情報は少ない。

 中国の政治の動きに耳をそばだてる中国ウオッチャーが注目したのが6日、北京で開かれた姚依林(よういりん)元副首相の生誕100年記念の座談会だ。

 今の人事とは直接、関係なさそうだが、姚が習氏の盟友で反腐敗運動を主導する王岐山(おうきざん)中央規…

この記事は有料記事です。

残り834文字(全文1047文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  4. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  5. 九州新幹線、運転見合わせ 線路に人、ひかれたか 熊本・新八代駅

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです