メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民進党

執行部、慰留及ばず 鈴木氏離党会見に細野氏

民進党への離党届提出の記者会見を終えた鈴木義弘衆院議員(左)と握手する細野豪志衆院議員=東京都千代田区の衆院第2議員会館で2017年9月13日午後3時2分、川田雅浩撮影

 民進党の鈴木義弘衆院議員(比例代表北関東ブロック)は13日、大島敦幹事長と党本部で会い、離党届を提出した。既に離党した細野豪志元環境相らが構想する新党に参加する方向だ。大島氏は12、13両日、鈴木氏ら5人と個別に会談して慰留したが、新執行部の対応は後手に回っている。

 鈴木氏は、党内で細野氏が作ったグループに所属していた。前原誠司代表の就任後、離党は山尾志桜里衆院議員に続き2人目…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文479文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  2. 子宮頸がん HPVワクチン 放置はもうゆるされない 厚労省は逃げるな

  3. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 手足伸ばして極楽、極楽♪温泉楽しむニホンザルが人気 北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです