インド

新幹線方式高速鉄道 日本の協力拡大期待

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
インドにおける高速鉄道構想
インドにおける高速鉄道構想

 【アーメダバード金子淳】インドを訪問中の安倍晋三首相は14日、西部グジャラート州アーメダバードで日本の新幹線方式の採用が決まっているインドの高速鉄道起工式にモディ首相と参加する。インド初の高速鉄道に地元では経済効果への期待が高まっている。

 「日本の新幹線は成長の機会を保証してくれる。インドの輸送部門に革命をもたらす」。ゴヤル鉄道相は11日の記者会見で日本への期待感をこう強調した。

 高速鉄道はアーメダバードと商都ムンバイの約500キロを現在の4分の1の約2時間で結ぶ。専用軌道を通し、途中に12カ所の駅を造る計画で、営業最高速度は時速320キロになる見込みだ。2018年着工、23年完成予定だが、ゴヤル鉄道相は「22年8月までの完成も目指す」と意気込む。

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文819文字)

あわせて読みたい

注目の特集