メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海自

米イージス艦に洋上給油 安保関連法に基づく新任務

 海上自衛隊の補給艦が4月以降、安全保障関連法に基づき、日本海などで北朝鮮の弾道ミサイル警戒にあたる米海軍のイージス艦に洋上で給油を行っていることが分かった。複数の政府関係者が14日、明らかにした。安保関連法に基づく新任務の実施が判明したのは、5月に行われた米艦防護に続き2例目。安保関連法は米軍への物品提供や輸送任務の範囲を拡大しており、自衛隊と米軍の一体運用が一層進んでいる実態が浮き彫りになった。

     海自と在日米海軍のイージス艦は、北朝鮮のミサイル発射に備えて24時間態勢で警戒している。米イージス艦への洋上給油は、米艦が補給拠点に戻る時間を節約し、警戒態勢を持続させる狙いがある。米側の要請に基づいて月1~2回のペースで実施しており、防衛省幹部は「公表する予定はないが、引き続き実施していく」と語った。

     米艦への給油は、2015年に安保関連法が制定されるまでは共同訓練中などに限られ、ミサイル警戒などにあたる米艦に給油する際にも共同訓練の名目で行う必要があった。しかし安保法制定に伴う自衛隊法の改正で、自衛隊はミサイル破壊措置命令の任務中や海賊対処中も、燃料を含む物品を米軍へ提供することが可能になった。

     今年4月には、具体的な手続きを定めた改正日米物品役務相互提供協定(ACSA)が発効。北朝鮮の挑発行動が続いていることを踏まえ、海自は協定に基づく米艦への給油を始めた。

     安保関連法の施行に伴う初の新任務として5月に行った米艦防護では、海自最大のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」が、房総半島(千葉県)沖から奄美大島(鹿児島県)沖まで、米補給艦に並走。護衛艦「さざなみ」も四国沖から合流し、共同訓練をしながら警護した。また給油任務としては、海自が米同時多発テロ後の01~10年、テロ対策特別措置法に基づき、インド洋で、アフガニスタンを巡る活動にあたる米国などの艦船に対して実施している。【前谷宏、秋山信一】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 慰安婦像 安倍首相「受け入れ拒否を申し入れた」
    2. FRESH CAMPUS CONTEST 2017 名古屋外大の大脇有紗さんが“日本一可愛い新入生”に
    3. 詐欺容疑 カツ丼平らげ「無銭飲食しました」自ら110番
    4. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕
    5. ジンバブエ 副大統領を解任 後任に大統領の妻就任へ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]