メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外 上野パンダ:名前はシャンシャン(香香) 一覧へ

反落、終値58円安の1万9807円

 14日の東京株式市場は、相場の過熱感に加えて、北朝鮮情勢を警戒した利益確定の売りが優勢となって、日経平均株価(225種)は反落した。米大型ハリケーンの被害が想定内に収まったとの安心感から買いが強まり、約1カ月ぶりの高値をつける場面もあった。

     終値は前日比58円38銭安の1万9807円44銭。東証株価指数(TOPIX)は5.20ポイント安の1632.13。出来高は約16億6200万株。

     朝方は日米金利差の拡大を見込んだ円安を好感して買いが優勢となった。

     その後、中国が発表した主要統計の内容が市場予想を下回ると、売りが強まり、下げに転じた。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 傷害致死 留置施設で男性死亡、同部屋の男が暴行 警視庁
    2. 殺人容疑 父親殺害で42歳男逮捕 福岡県警
    3. 給油所 公設で再開 伊達市大滝区で唯一、3月閉鎖 道内初、不便解消へ
    4. 行方不明1年 五條堀さん両親「早く帰って来て」 大分
    5. トランプ氏 国歌問題で「クビ」発言 NFL選手ら抗議

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]