メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

露「カスペルスキー」ソフトを排除 侵入を懸念

 【ワシントン高本耕太】米国土安全保障省は13日、連邦政府機関に対し、ロシアの大手情報セキュリティー会社「カスペルスキー」のセキュリティー対策ソフトやプログラムなどすべての製品の使用を停止するよう求める通達を出した。ロシア政府の情報機関が同社製品を通じ、米政府のネットワークに侵入し情報を収集する恐れがあると説明している。

     声明はネットワーク干渉や情報入手を許せば「国家の安全保障」に脅威が及ぶと説明。各省庁に、今後30日以内に同社製品の使用実態を調査し、90日以内に使用停止・除去を実行するよう求めた。

     カスペルスキー社は「明確な根拠もない米司法省の決定に失望する」との声明を発表した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 安室さん引退へ 小室哲哉さん「寂しさ感じるのは初めて」
    2. 中国 高速鉄道 事故から「復活」 350キロ、世界最速奪還
    3. 国体優勝選手自殺 遺族が9000万円求め賠償提訴 岐阜
    4. 厚労省 医師と歯科医師の計21人 医業停止処分を発表
    5. 坂村健の目 被ばく影響、科学界の結論

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]