メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

露「カスペルスキー」ソフトを排除 侵入を懸念

 【ワシントン高本耕太】米国土安全保障省は13日、連邦政府機関に対し、ロシアの大手情報セキュリティー会社「カスペルスキー」のセキュリティー対策ソフトやプログラムなどすべての製品の使用を停止するよう求める通達を出した。ロシア政府の情報機関が同社製品を通じ、米政府のネットワークに侵入し情報を収集する恐れがあると説明している。

     声明はネットワーク干渉や情報入手を許せば「国家の安全保障」に脅威が及ぶと説明。各省庁に、今後30日以内に同社製品の使用実態を調査し、90日以内に使用停止・除去を実行するよう求めた。

     カスペルスキー社は「明確な根拠もない米司法省の決定に失望する」との声明を発表した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 伊ベネチア 日本人ぼったくり被害 レストランで学生4人
    2. 大砂嵐事故 本人は否定 運転は妊娠中の妻と主張
    3. NHK 放送済みの番組を宣伝
    4. 中央自動車道 早大教授はねられ死亡 単独事故で外に
    5. 卓球 14歳張本、父とつかんだV 笑顔で駆け寄る

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]