メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日インド首脳会談

新幹線方式導入など円借款1900億円

安倍首相の訪印に合わせアーメダバード中心地に掲げられた高速鉄道をアピールする看板=2017年9月13日、金子淳撮影
インドにおける高速鉄道構想

供与発表へ 北朝鮮の安保理制裁決議「完全な履行」強調も

 【ガンディナガル加藤明子】インドを訪問中の安倍晋三首相は14日昼(日本時間同日午後)、同国西部ガンディナガルでモディ首相と会談し、日本の新幹線方式を導入するインドの高速鉄道建設などに円借款約1900億円の供与を発表する。北朝鮮の核・ミサイル開発に対しては、国連安全保障理事会の新たな制裁決議の「完全な履行」の必要性を強調。海洋進出を続ける中国を念頭に、海洋での安全保障協力なども確認する。

     高速鉄道はムンバイとアーメダバード間の約500キロを結ぶ計画で、総事業費は9800億ルビー(約1兆8000億円)。今回の円借款は約1000億円で、運営管理を現地スタッフが学ぶ研修施設を建設する。インドは計7路線を計画しており、日本政府は残る6路線の受注も目指している。円借款は他にインド北東州の道路網改善計画(386億円)など。

     また日本企業の進出に対応し、今後5年間でインド人の日本語教師1000人を育成することでも合意する。現地の高等教育機関に100の日本語講座を新設する方針だ。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大砂嵐事故 本人は否定 運転は妊娠中の妻と主張
    2. 伊勢原市 還付金1100万円が未払い 過去3年分 /神奈川
    3. 卓球 水谷脱帽「誰も勝てぬ」 王者・張本、圧巻の成長
    4. ORICON NEWS [メンバーコメント全文]ももクロ、有安卒業を涙で激励
    5. 西部邁さん死去 多摩川で入水自殺か 78歳、遺書残し

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]