メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロヒンギャ問題

ミャンマー政府に暴力停止要求 安保理

 【ニューヨーク國枝すみれ】ミャンマー西部で治安部隊の掃討作戦に伴い40万人近い少数派イスラム教徒ロヒンギャの難民が隣国バングラデシュに脱出している問題で、国連安全保障理事会とグテレス国連事務総長が13日、ミャンマー政府に暴力の即時停止や治安の回復を求めた。この問題で安保理が意思を示すのは初めて。ミャンマー政府やノーベル平和賞受賞者のアウンサンスーチー国家顧問兼外相への国際的な圧力が高まりつつある。

 安保理は非公開会合後、議長国エチオピアのアレム国連大使が掃討中の過剰な暴力の報告を「懸念する」とい…

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文798文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. ラグビーW杯、「旭日旗」騒動なしのなぜ?

  5. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです