メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

拉致被害者

家族会「北朝鮮のテロ支援国家の再指定を」

拉致被害者に関するシンポジウムで語る横田拓也さん(右から2人目)=ワシントンで2017年9月13日、高本耕太撮影

ワシントンを訪問 シンポジウムで訴え

 【ワシントン高本耕太】北朝鮮による拉致被害者家族会がワシントンを訪問し、横田めぐみさん(行方不明時13歳)の弟で家族会事務局長の拓也さんは13日、市内のシンポジウムで「圧力をもって臨むことが、解決への唯一の道。(北朝鮮の)テロ支援国家再指定をぜひお願いしたい」と訴えた。

 テロ支援国家指定は経済援助禁止などの根拠。米国は1998年に北朝鮮を指定したが、2008年、対話を…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文616文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  3. トランプ大統領、非白人議員に「国に帰ってはどうか」 投稿に批判噴出
  4. あなたの参院選 氷河期世代の人生再設計は ロスジェネの逆襲も?
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです