メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外愛媛文書 首相が否定「指摘の日会ったことない」
鹿児島大

トウガラシを特産品に ブランド化挑戦

 鹿児島大の研究グループが鹿児島県産トウガラシのブランド化に挑んでいる。エスニックブームなどで需要が増える中、多くを輸入に頼るトウガラシを特産にしたい考え。薩摩半島南部に多い保水性の悪い土壌でも栽培が可能な品種を選んでおり、地元農業の活性化につなげる狙いもある。

 主導する農学部熱帯作物学研究室の坂上潤一教授は「安心な国産品を供給するとともに、地域に活気をもたらせるのでは」と期待している。

 研究グループが選んだのは、スナック菓子などにより激辛で知られるハバネロの一種。タカノツメより大きく…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文535文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. 大阪重機事故 てんかんで事故歴 勤務先管理者の立件検討
  3. 皇室 両陛下の肖像画が完成 即位後は初、等身大
  4. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  5. 高橋・狛江市長 セクハラ疑惑 市確認、本人は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]