メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NASA

さよなら探査機カッシーニ 15日に土星に突入

土星の輪の内側をくぐり抜ける無人探査機カッシーニの想像図=米航空宇宙局(NASA)提供

数々の成果を上げて20年 最後の任務に大気成分分析も

 数々の成果を上げてきた米航空宇宙局(NASA)などの土星探査機カッシーニが日本時間15日夜、無人の土星大気に突入後、燃え尽きる。打ち上げから20年間に及ぶ最後の任務の一つは、飛行しながら行う大気成分の分析。初めての直接観測で、役割を終えるぎりぎりの瞬間まで、研究者らはその活躍に期待している。

 カッシーニは1997年に打ち上げられ、2004年に地球から平均約14億キロ離れた土星の軌道に到着。今年4月からは22回、土星と輪の隙間(すきま)をくぐり抜け、双方を間近で観測した。日本時間今月12日未明には、最大の衛星タイタンの重力を利用して軌道を修正し、少しずつ土星に接近している。

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文861文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. どうやって予防するの?妊娠している人への影響は?…新型肺炎、その心構え

  4. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  5. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです