メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パリ五輪

「泳げるセーヌ」復活を 水泳競技予定で

市民の憩いの場となっているセーヌ川沿岸=パリで2017年8月13日、賀有勇撮影

 【パリ賀有勇】ペルー・リマで開かれた国際オリンピック委員会(IOC)総会で13日、2024年の夏季五輪・パラリンピック開催地に決まったパリ。市中心部のセーヌ川で水泳競技が予定され、市などは五輪開催を機に水質改善に取り組み「泳げるセーヌ」復活を目指している。

 東部ブルゴーニュ地方を源流とするセーヌ川は全長776キロ。パリ中心部を通り、北西部ルアーブルで英仏海峡に注ぐ。パリ市は24年大会で、トライアスロンと水泳のオープンウオーターをセーヌ川で行う計画だが、7月に公表されたIOCの評価報告書で水質改善が課題と指摘された。

 セーヌ川は前回のパリ五輪が開催された前年の1923年、水質汚染による健康への懸念などから遊泳が禁止された。違反者は15ユーロの罰金が科せられる。

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  2. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  3. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  4. 時機を失した政府のGoTo対応 北海道から訴える

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです