メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「核の傘、実効性確認を」石破氏が強調

第300回記念「毎日・世論フォーラム」で講演する石破茂・自民党元幹事長=福岡市中央区で2017年9月13日、徳野仁子撮影

 自民党の石破茂元幹事長は13日、福岡市で開かれた「毎日・世論フォーラム」(毎日新聞社主催)で講演した。テレビ朝日の6日の番組で非核三原則のうち核兵器を「持ち込ませず」に疑問を呈したことについて、石破氏は「作らず、持たずはいいが、持ち込ませずは本当にいいのかを議論しようと言った」と説明。「米国の核の傘の有効性、実効性を常に確認しておくのが政府の責任だ」と強調した。

     石破氏はまた、憲法9条第1項と第2項を維持しつつ自衛隊の存在を明記する安倍晋三首相の提案に「国家の独立を守るために軍隊は必要だ。国権の発動たる戦争とは何か、戦力とは何かをきちんと定義しないで、この話をしてはいけない」と反論。第2項の見直しが必要という認識を重ねて示した。

     自民党石破派の所属議員は20人で、首相の出身派閥の細田派と大きな開きがある。しかし、石破氏は「ベンチャー企業だ。それなりの苦労はあるが、そういうものが世の中を変えるという気概を持っていきたい」と述べ、「ポスト安倍」に意欲をみせた。

     毎日・世論フォーラムは1992年1月に始まり、ほぼ毎月、政財官界の要人らを招いて講演会を開いてきた。今回で300回に達した。【高橋恵子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 雑記帳 埼玉県宮代町の東武動物公園駅で19日…
    2. チビチリガマ荒らし 「歴史知らなかった」逮捕の少年
    3. 金正男殺害事件 オウム中川死刑囚がマレーシア政府に協力
    4. ニッポンへの発言 キーワード ヒトラーが復活する=中森明夫
    5. 衆院解散強まる 自己都合を優先

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]