メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日朝

当局者がスイスで接触 外務省発表

 外務省は13日、鯰(なまず)博行アジア大洋州局参事官が12日にスイスで開かれた国際会議「ツェルマット・ラウンド・テーブル」に出席した際、北朝鮮のチェ・ガンイル外務省北米局副局長と短時間、意見交換したと発表した。

     鯰氏は北朝鮮の3日の核実験や相次ぐ弾道ミサイル発射に抗議し、国連安全保障理事会の決議を順守するよう求めた。また、2014年の日朝合意に基づき、すべての拉致被害者を帰国させるよう要請した。

     日朝両政府当局者は6月にもモンゴルの国際会議で接触している。【仙石恭】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. カジノ法成立 それどころでは…被災地では嘆きの声
    2. フィギュア テン選手刺殺で男2人拘束 容疑認める
    3. 懲戒処分 職員セクハラ、停職 生活保護受給女性6人に 江戸川区 /東京
    4. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
    5. 日本を立て直す!-イシバの底力- 国民と語り合いたい「アジア版NATO」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]