メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日朝

当局者がスイスで接触 外務省発表

 外務省は13日、鯰(なまず)博行アジア大洋州局参事官が12日にスイスで開かれた国際会議「ツェルマット・ラウンド・テーブル」に出席した際、北朝鮮のチェ・ガンイル外務省北米局副局長と短時間、意見交換したと発表した。

     鯰氏は北朝鮮の3日の核実験や相次ぐ弾道ミサイル発射に抗議し、国連安全保障理事会の決議を順守するよう求めた。また、2014年の日朝合意に基づき、すべての拉致被害者を帰国させるよう要請した。

     日朝両政府当局者は6月にもモンゴルの国際会議で接触している。【仙石恭】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大リーグ イチロー、日本球界に復帰も 公式サイト伝える
    2. 強盗 見せるため現金2千万円所持 被害者が証言 名古屋
    3. イチロー 便り待つ冬 日米の古巣2球団、獲得意欲に差
    4. ジェンダー差別発言 ワースト「子供4人以上産んだら…」
    5. 民進党 統一会派、了承を見送り 議員総会で異論相次ぎ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]