メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

営業所受け取りで値引き 10月開始

 宅配便最大手のヤマト運輸は13日、荷物の受け取り場所を個人宅ではなく、全国に約4000カ所ある営業所を指定して送れる新サービスを10月1日発送分から始めると発表した。受取人は営業所に取りに行く手間が生じるが、運賃が通常より54円安くなる。ヤマトにとってはドライバーの負担となっている再配達を少なくする狙いがある。

     名称は「宅急便センター受け取りサービス」で、個人の顧客が対象となる。送り状に営業所の名称などを記入する。営業所の営業時間であれば荷物を受け取ることができ、大半の営業所は午前8時~午後9時となる。

     クール宅急便でも利用可能。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 後藤久美子 娘・エレナがデビュー 雑誌で美しすぎる母娘2ショットを披露
    2. 架空請求 1万件超 「未払いあり、提訴」のはがき急増
    3. 公明 「裏切られた」小池氏の新党代表就任に反発
    4. 小池新党 「集まってきた人、選挙に勝ちたいだけ」
    5. あだち充総選挙 1位は浅倉南 判別困難で誤植も…

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]