メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

ゲーム規制強化 ネット中毒者、問題化

大ヒット中のスマホゲーム「王者栄耀」。あまりの人気に当局の格好の批判の的となっている=2017年9月11日、赤間清広撮影(画像の一部を加工しています)

 【北京・赤間清広】中国当局がゲームやSNSなどインターネットサービスに対する規制を強めている。10月に5年に1度の中国共産党大会が迫る中、ネット発の社会不安を防ぎ、習近平指導部に対する世論の批判を封じたい思惑がある。

 「このゲームは人生を破壊する」。中国共産党機関紙、人民日報系のニュースサイト「人民網」は今年7月、中国で大人気のスマートフォン向けゲーム「王者栄耀」を痛烈に批判した。「王者栄耀」は歴代の有名武将や物語の主人公をコントロールして遊ぶアクションゲーム。中国ネット大手、騰訊(テンセント)が配信している。

 2016年の中国ゲーム市場でトップシェアを獲得する大ヒットとなったが、「ゲーム中毒者」も続出。11歳の子供が親のクレジットカードを盗んでゲームにつぎ込むなど問題も相次いでいる。記事はゲームの悪影響を糾弾し、ネット企業に「社会的責任を果たせ」とクギを刺した。

この記事は有料記事です。

残り1006文字(全文1394文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  3. 大相撲・九重部屋で親方ら5人新たに感染判明 全力士が休場中

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです