北海道陸自機墜落

自動操縦装置、誤解除が原因

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 陸上自衛隊のLR2連絡偵察機が今年5月、北海道北斗市の山中に墜落して乗員4人が死亡した事故で、陸自は13日、操縦士が管制官との交信中に自動操縦装置を誤って解除したミスが原因とする調査結果を公表した。機体は解除後に急降下を始めたが、雲の中を飛行しており、異常に気づくのが遅れたとみられる。陸自は「機体に問題はなかった」として、全国に6機ある同型機の飛行を15日から再開する方針。

 陸自によると、LR2は患者の緊急空輸のため、丘珠空港(札幌市)から函館空港(函館市)に向かう途中の5月15日午前11時48分、同空港の西約30キロの山の斜面(標高約333メートル)に墜落した。

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文601文字)

あわせて読みたい

注目の特集